国内で格安航空券を使うときに注意したい事

元々の航空運賃の設定が安いのがLCC

JALやANAなどでも豊富に取り扱っている元々の航空運賃の設定が安いのがLCC機内持ち込みできる荷物には厳しい上限がある

こちらは普通運賃という概念がなく、いわばすべてが格安航空券と言う事になります。
ただし、運賃自体は一定ではなく、その時や利用する便によって値段が上下します。
さらに利用日直前になる程料金が安くなるというわかりやすいルールが有るわけではなく、早く予約するほど料金がお得になるというものでもありません。
航空券の価格が常に変化しているのが一般的なので、ホームページで希望の便を見つけて値段を常にチェックして置き、納得のいく価格のものを予約するという方法が一般的です。
最も安い価格の場合、国内の移動なら深夜バスを使うよりも安く利用できるものも見つかるので、こまめにチェックすればかなりお得に利用できる可能性はぐんと高まります。
わたし自身は以前利用しようとして迷っているうちに希望日の航空券が高いものしかなくなってしまった経験もあり、直前になる程どんどん値段が下がるのではないかと期待するのは大きな間違いだと身をもって知りました。
そして格安航空会社を利用する時に気を付けたいのがキャンセルや変更に関するルールです。
最もリーズナブルなプランでは手荷物も最低限、便の変更やキャンセルは一切できない、機内サービスはすべて有料、席の指定もできないので、複数で利用しても席が隣同士になる事は難しいなどの条件付きでした。

格安航空券 | 国内の格安航空券ならAIR ORIENT